2021/5/26 産褥入院

ちひろ助産院に来たきっかけは、つわりがひどく、どうしたらよいか相談に来たことです。

重症妊娠悪阻で入院もし、退院しても、食べれない、吐き続け精神的にも肉体的にも、ボロボロでした。座っていることすらできない状態でした。

つわりの話をすると、大平先生は私の今の状態を受けとめ話を聞いてくれました。それだけでも心が救われました。そしてつわりが起きる要因やら、今できること教えてくれました。今思うと、骨盤ケアを知らないまま出産までいっていたら、本当にしんどい「妊娠、出産」の思い出になってしまっていたかもしれません。
つわりで相談に来たのに、「首と肩と手首がおかしすぎるよ?」「よくそれで、スポーツやれていたね?」と言われました。私も常々、そこをもっと改善してトレーニングしていたら、もっとパフォーマンスを上げれたと自覚していたので、まさに、図星でした(笑)それから、ちひろさんに通って体操や相談をしました。つわりは最後まで完璧にはなおることはありませんでしたが、骨盤ケアをしていくうちに、少しずつ良くなった行ったように思います。

出産は病院でしたが、大平先生に習ったように、私の課題でもあった、「呼吸」に集中しました。自宅でおにぎりを食べながら、呼吸を頑張りながら、過ごすことが出来ました。そして、「もう、病院へ行く!」と決心して、いざ、病院へ!
すると、もう6センチ!開いてるとのこと!陣痛室でも、どんどん痛みの波が強くなってきたのですが、呼吸を意識すると、あっという間に子宮口が全開に!!!

分娩台では、助産師さんがリードしてくださり、本当にスムーズに出産することが出来ました。

そしてちひろ助産院に産褥入院で帰ってきました。

私は産後出血が少し多かったとのことで、病院で出産して、ちひろに帰ってくる、のコースがベストだったのかなと、思っています。

余談ですが、出産時に尾てい骨を痛めていた私は、座るのも、動くのもしんどいくらいだったのですが、大平先生の魔法により(笑)その痛みも軽減し、無事退院することが出来そうです(笑)どんな魔法か、は、先生にぜひ聞いてください(笑)

 

安心の出産・子育て
産褥入院、ベビーマッサージ、骨盤ケア

ちひろ助産院

〒646-0027 和歌山県田辺市朝日ヶ丘3-20

0739-22-1138

メールでお問い合わせ

診察案内

日々更新してます

  • 先輩ママからのお便り
  • 初めまして、こんにちは!
  • スタッフブログ
  • おしらせ

診察時間のご案内

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

« 1月

診察時間
月~金 9:00~12:00
13:00~17:00【要予約】

※お電話にて診察状況をお問い合わせください。
TEL:0739-22-1138
※カレンダーの赤色部分は休診日です

ページトップ